tigerbutter

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 坐禅 | main | 神々との組み合わせと相性 >>

ーー♪♪クレツマー♪♪ーー

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/wmusic/1003929490/
2chワールド音楽板より。コンポステラの名前は出てくるとは思っていたが「魔法使いサリー」や「マイムマイム」まで出てくるとは。なるほど、言われてみれば。
2 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/10/24 22:48 ID:nR1lsq9i

昔から、篠田昌巳の「コンポステラ」とか、梅津和時の「ベツニ・ナンモ・クレツマー」
とか好きで聞いていて、最近だとバルカン半島系の「タラフ・ドゥ・ハイドゥークス」
「ファンファーレ・チョカーリア」「コチャニ・オルケスター」あたりも聞いているんだけど、
改めて「クレツマーって?」って問われると難しいかも?

5 :2 :01/10/24 23:50 ID:nR1lsq9i

>4
クレツマーって、いろいろな地域ヘ流れ着いたユダヤ人が、それぞれの地域の音を
吸収、消化した雑食音楽と言うイメージがあります。2で挙げたバンドもそう言う意味
でクレツマーの一部かなとか考えながらアマゾンを漁ってたらこんな本を発見しました。

「ユダヤ音楽の旅」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4895860221/qid=1003934458/ref=sr_sp_re_1_1/250-3690211-3678601

面白そうです。なんといってもCD付だし。

13 :名無し音楽放浪の旅 :01/12/23 00:31 ID:6Z3kpp50
クレツマーといえば思い出すのが「魔法使いサリー」の主題歌。
なぜあの時代にあんなイディッシュな曲が?

15 :名無し音楽放浪の旅 :01/12/23 02:14 ID:zLlzTkm5
>>13
穿った見方をすれば、人心を惑わすもの・魔女・詐欺師・
異教徒的なイメージを喚起するために、ユダヤ的な旋律
を使用してきたキリスト教世界の習慣を無批判に受け入れ
た小林亜星、ってこと?(ディ○ニーとかもね)

一方、「蒲田行進曲」とかは、別に怪しさを演出する意図
はないはずなのに、まんまクレヅマーに聞こえるし、
そもそも日本的な旋律と似た部分もあるのかな?
(言うまでもなくコンポステラや梅津和時の活動とか)

17 :名無し音楽放浪の旅 :02/02/24 16:01 ID:pMjX2JOV
そもそも何で日本のチンドン屋の音楽って
クレツマー風?

25 :名無し音楽放浪の旅 :02/03/31 01:07 ID:DrtDK0P.
>>23
ドナドナの作者はユダヤ人で、妻と子供を強制収容所送りにされた経験を持つ。
ドナドナはその時の情景を歌ったものであると考えられる。
なお、ドナはヘブライ語のアドナイ(主よ)の変形と考えられ、
ドナドナは「主よ!主よ!」という神様へのお願いシーンを表わすらしい。

64 :名無し音楽放浪の旅 :02/12/10 21:54 ID:???
そういや、クレツマーのネットラジオがあったぞ。
http://www.live365.com/cgi-bin/directory.cgi?genre=search&searchdesc=KLEZMER

65 :名無し音楽放浪の旅 :02/12/28 11:28 ID:Ni/+jzOp
>64
僕もここすきでし
radio free klezmer 中心に

113 :110 :03/12/20 01:16 ID:???
どこをどう引用すればいいのか、よく分からないのですが(汗)

要するにクレツマー音階=ジプシー(現在はロマと呼称)音階である、と。
両者の最大の特徴は「増二度進行」。
十四世紀ごろから東欧にユダヤ人が移住してきて、先に居住していたジプシー
の音楽と交じり合って成立したのがクレツマー。
その後ユダヤ人はホロコーストによって姿を消し、あるいはアメリカに移住し、
その旋律だけがジプシー音楽に受け継がれた…

とかなんとか。フィドルという呼称はイディッシュ語にもあるそうです。
やはりカギは音階でしょうか。日本にも独特の音階があるそうですし。
外国人が「さくら〜」を聴いたら「おーニッポンぽいぜ」とか感じるのかも。

>>111
梅津氏や篠田氏はクレツマーからじゃなく、「ジンタ」から入ったのでは?
みなさんチンドン屋の楽師経験者ですよね。ジンタの話だとシカラムータの
大熊ワタル氏著「ラフ・ミュージック宣言」に何か書いてあるかもしれません。

115 :名無し音楽放浪の旅 :03/12/20 01:52 ID:???
おー、なるほど。
ではなぜその音階がクレツマーとチンドンで似ているかっていう疑問に
リバースですね…。本当なんなんだろ。

そういえば、ユダヤと日本って妙に繋がりあるみたいですね。
名前忘れたけど、明治の文人で自分はユダヤ人だと言い張った人たちが
一人や二人ではなくいたという話を聞いたことあります。あと、ユダヤ教の
三種の神器の一つが東へ東へ逃げて四国のどこかに埋まってるとか。
まぁこれはオカルティックに過ぎるけど。

122 :106 :03/12/24 00:34 ID:???
ヤフオクから「COMPOSTELA」到着。
関島さんや大熊さんが若い…カコイイ

「ABAN-TABAN」ってシカラムータの
Liveで聴いたことあるような気が。

133 :名無し音楽放浪の旅 :04/02/09 23:54 ID:???
FREYLEKH JAMBOREE(フレイレフ・ジャンボリー)
吉祥寺ロマンギャルド演奏会で初めて聴いた。

大阪までライブ観に行こうと思った。

179 :名無し音楽放浪の旅 :04/12/18 09:10:23 ID:???
あの曲、亜星はなにか別の曲をヒントにしているんじゃないのかなぁ。
別にパクったとかそういうことじゃなくてクレツマーの曲にインスパイアされたんじゃないかと思うんだけど・・・。
2ch | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tigerbutter.jugem.cc/trackback/301
この記事に対するトラックバック
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス (Taraf de Haidouks)東欧 ロマミュージック演奏グループ タラフ・ドゥ・ハイドゥークスは1988年スイスの民族音楽 学者達がルーマニア民間の楽師であるラウタールを記録しよ うとフランスのオコラレーベルから発売した1枚のアルバム
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス (Taraf de Haidouks) | 楽しい音楽を聴く♪ | 2005/12/27 6:30 AM
Map